ヘッドフォン

通勤に最適。ロングセラーSHURE SE535をレビューしちゃうぞ。

投稿日:2018年7月26日 更新日:

先日記事にしたSONYのMDRー1000Xに続き、私の愛用ヘッドフォンをSHURE SE535をご紹介します。フィギュアスケートの羽生選手もSE535 Special Editionを愛用しています。

 

コイツも通勤の時も、出張の時も手放せないカワイイやつだったのですが、4年ほどガシガシ使ったある日に踏んづけてしまって、下の写真のようにぶっ壊れてしまいました。

こちらもオススメのイヤフォンなので、4年間使ってみての感想、劣化具合を中心にレビューします。

商品の詳細は以下をご確認ください。

 

 

SHURE SE535、4年間使用後の劣化具合

ご覧ください。見事に折れています!ふんづけてしまいました。これは劣化というよりは、破壊ですね・・・。

 

一瞬心が折れました。

 

コードですが、ワイヤレスヘッドフォンと違って、どうしてもイヤフォン本体との接続部の断線が発生してしまいます。純正コードは4年間で1回発生しました。

純正コードは、リケーブルのコードよりも耐久性が高いので断裂は1回だけでしたが、リケーブルしたコードは私が雑に扱っていたというのもありますが、3回ほど断線してその都度修理してもらいました。

SHUREはコードを耳に回して装着するので、この部分が断線するんです。

ワイヤレスヘッドフォンと違って、断線には注意が必要です。

メモ

使用頻度:365日毎日

使用環境:通勤の時は往復2時間

     海外、国内出張の時は1日4時間(出張は年間80回)

本体には大きな劣化はありません。私が踏んづけて折れた以外は・・・
SHUREというロゴも若干は薄くなっているものの結構きれいな状態です。

 

カワイイかったヤツのオススメしたい性能

 

4年間、私が愛用してきて、買ってよかったなぁ。と思っている性能、機能をお伝えします。

音漏れ

  1. 完璧です。

    余程の大音量にしない限り、音漏れすることはありません。

 

遮音性

  1. 地下鉄(都内)

    ノイズキャンセリングのヘッドフォンと比較すると劣りますが、充分な遮音性です。ただ、音量を小さくすると外の音が入ってくるので、音量は大きめになってしまいます。音量の大きさを気にしなければ、電車内でも最適なリスニング環境で音楽、動画を楽しめます。

  2. 飛行機

    ノイズキャンセリングのヘッドフォンと比較すると劣りますが、充分な遮音性です。ただ、飛行機内の独特のエンジン音は、聞こえてしまいます。こちらも音量を大きくすることで解消されますが、耳にはあまり良くないかもしれません。

 

音質

全体の解像度は高いです。iPhoneの純正イヤフォンと比較すると、おっこんな音も鳴ってたんだと思うこともしばしば。

  1. 高音

    高解像度だが、高音は刺さらないという評価。聴き疲れしない高音が出ており、好印象。

  2. 中音

    リッチな感じです。流石50,000円近くするヘッドフォン。その音にあなたも満足するでしょう。

  3. 低音

    上品な重低音。過度の重低音は私は好きではないので、低音は好きでした。ジャンルを問わず、しっかり聴かせてくれます。ズンドコ好きの方にはオススメできません。

 

装着感

  1. 好き嫌いがあるかも。

    耳に突っ込むタイプですので、嫌いな方がいらっしゃるかもしれません。私は全然大丈夫でした。

 

携帯性

  1. 専用ケースあり。

    専用ケースでコンパクトに運べます。断線のことを考えると小まめに収納したほうが良いです。

 

装着方法は気をつけてね。

 

ここ!めちゃ重要です。装着方法を間違えるとこのイヤフォンの性能は全く発揮されません。
下記の公式サイトから正しい装着方法をご覧になれます。

 

 www.shure.co.jp 
Shure シュア | イヤホンの正しい装着方法
https://www.shure.co.jp/ja/support_download/educational_content/in-ear-monitoring/Earphones--how-to-get-the-right-fit

 

また、付属のイヤーピース(スポンジ)のサイズを変えることで音が変わるので、自分の好みのセッティングを探してみてください。

どんな風に変わるかは言葉で説明するのが難しいのですが、耳とイヤフォンの密着度が高ければ、厚みのある音になりますし、素材によっても音の性質の変化を楽しめます。アマゾンで「イヤフォン イヤーピース」と検索すれば販売していますので、純正がヘタってきたときにお試しください。

 

 

まとめ

 

カナル型のイヤフォンのロングセラーです。SHURE SE535の性能は間違いないです。
通勤時間をはじめ、音楽を聴くのが今まで以上に楽しくなりますし、映画も迫力の音声で楽しめます。

私も4年愛用しました。踏んづけなければ・・・・まだ使っていたと思います。
リケーブルで音の変化も楽しめますので、オーバーヘッドヘッドホンがお嫌いな方には、SHURE SE535をオススメです。

フィギュアスケートの羽生選手はSE535 Special Editionを使っています。羽生選手ファンはそちらもオススメ。

どちらにしますか?

同価格帯には、SE535 Special Editionがあります。
Special Editionとの違いが分かりにくいので、詳細を知りたい方は下記のリンクからどうぞ。

あわせて読みたいヘッドフォンネタ

WH-1000XM2を買う前に必読。MDR-1000Xの1年間の劣化具合を報告

今愛用しているSONYのMDRー1000X! 通勤の時も、出張の時も手放せないカワイイやつ。 どこへでも一緒に連れていける頼もしい愛機です。 ほんとワイヤレスヘッドフォンって最高ですね。使いやすい。 ...

-ヘッドフォン

Copyright© そうだ。上を向いて歩こう。 , 2018 All Rights Reserved.